sievyys

音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を観たり・・・
そんなほのぼのを綴っております。
休日に集中して更新。

早速続きを読んできます

ライト・グッドバイ―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)
ライト・グッドバイ―ススキノ探偵シリーズ (ハヤカワ文庫JA)
東 直己

―ふたりは、すっと離れた。と思った時、アンジェラがするりと高田の間合いの中に入って、そして左手の甲で、とても優しく柔らかな裏拳で、高田の左頬を、愛しそうに撫でた。


遅ればせながら映画を見た影響から東直己さんの『探偵はバーにいる』シリーズを読んでいる。正直、私のオススメは初期の頃の作品で映画化もされた『バーにかかってきた電話』や『探偵はひとりぼっち』で、後期の作品であるこれは内容がグロテスクであまり好みではない。
物語は最初に犯人ありきで推理を働かせる余地もない。もうすでに犯人は分かりきっていてその証拠である消えた被害者の少女を探すというのが筋書き。生理的に受け付けない犯人と目される男と内心辟易しながらつきあうハメになる主人公『俺』とのやりとりを延々と読むのはかなり苦痛だった。
なのに何故、この作品をオススメにしちゃったか・・・といえば、物語も中盤にさしかかった頃に登場する可憐な乙女・アンジェラちゃんが超カワイイから!ただそれだけ・・・だったりする。

↓ここから先はネタバレ注意。

続きを読む >>

  • 2013.05.19 Sunday
  • 01:31

Go to top of page

カレンダー

<< May 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031