sievyys

音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を観たり・・・
そんなほのぼのを綴っております。
休日に集中して更新。

みんな誰かのいとしい娘

愛すべき娘たち (Jets comics)
愛すべき娘たち (Jets comics)
よしなが ふみ


――雪子はとっても可愛いわよ。世界一可愛いお母さんのお姫様

登場人物のみんな、どっかが欠けてて、でも埋め合わせるすべもなくて、ええい、ままよ、このままいっちゃえ!生きてくしかないんだ!みたいな、どこかファンタジー、それなのに妙にリアルな群像劇。
この世の女たちはすべて、『母』の『娘』なのだと当然のことを改めて気づかされる。いつまでも胸に突き刺さっている身内から投げかけられた言葉の傷も、女たちは許せなくても許せないまま、恨んだまま愛せるし、何もなかった顔で清濁あわせ呑み逞しく生きていく。逆に何気ない一言に救われ癒されて、何年経ってもしみじみ懐かしく嬉しい記憶になる。それが母娘。母と娘という女同士の切っても切れない、吹っ切れた愛憎が生々しくて、ひりひりするほど痛くて、泣けてくるほど哀しくて、とてもいとおしくなる。
完璧な母も娘も世界のどこにもおらず、誰もが取り返せない過ちや癒えぬ傷を抱え、何かしらの重荷を背負ったりしながら、それでもそのことから逃げない。毎日の生活に向き合い、ちゃんとお互いに幸せになっていく姿に安堵する。
落ち込んだ時に必ず読む本。

  • 2011.02.28 Monday
  • 21:30

Go to top of page

カレンダー

<< February 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728