sievyys

音楽を聴いたり、本を読んだり、映画を観たり・・・
そんなほのぼのを綴っております。
休日に集中して更新。

カワイイだけですけど、何か?


陶器小物入れ ディア

商品名: 陶器小物入れ ディア

価格: ¥630

ショップ: バラ(薔薇)雑貨の販売【ロマンティックな雑貨のお店 マーブル】


以前、雑貨屋さんで見て一目ボレ。即買いしました。
どうでもいいですが下の部分が小物入れになっています。
何故、どうでもいいかって? 蓋がすんごい固いから!
使えって? やなこったい。こんなん無理して開けてて小鹿ちゃんが折れたらどうすんねん!
・・・ってな訳で我が家では単なる和みキャラとして鏡の前にちょんとおります。
つまりこれは「小鹿ラブ」な人以外の心には全く訴えかけない役立たずなのです。
でもそれがなにか? いけませんかね、役立たずで。しつこいようですがこういうかわいいものきれいなものに機能性を求めてはいけません、疲れた心を癒してくれる、栄養なのです。
奇跡的に両立するものがあるかもしれませんが、それは奇跡です。カワイイものはカワイイだけで十分なお仕事をしてくれています。多くを期待するのは野暮ってものです。
それにこのかわいいお顔。すごくリーズナブルな値段からすればもっと「・・・・」な容貌でもおかしくないのにかなり健闘しております。よくやった!と褒めてやりたいです。
こちらのお店には他にもカワイイ陶器の小物入れがありますので小鹿嫌いな人も覗いてみて下さいね。ちなみに私は他のものには興味ナシでしたが・・・。

  • 2008.10.31 Friday
  • 00:19

これでお部屋を乙女モードに


1000ピース 中原淳一 蝶々夫人 1000-82

1000ピース 中原淳一 蝶々夫人 1000-82
エンスカイ

乙女の教祖といったら美輪明宏さんと並んでこの人、中原淳一です。
実は女嫌いだったとかいう疑惑も持ち上がっているこの人ですが彼の描く少女たちは本当に「乙女」と呼んで過言ではありません。電車の中でも決して化粧をしたりお菓子を食べたりしないでしょうし、ギャル語など決して使いはしないでしょう。「マリ見て」の世界の精度を更に高めていったファンタジーの域にいる究極の少女たちが彼の世界にはいます。
私は彼は女性への理想が高すぎて、それに応えることのできる女性が少なすぎた故、女嫌いになったんじゃないかな、と思うのですが。それにそのくらいの美意識の高さがなかったら、こんな絵、書けないよなー。
ずっと中原淳一の美術館にも行きたかったのに採算が取れなかったのか残念ながら閉館してしまいました。でも、まだ東京にある中原教御用達のお店「それいゆ」に行こうという夢は抱き続けています。ついでに長谷川町子美術館にも行きたいですけど。
中原淳一のカレンダーを昨年購入したのですが少女向け雑誌「ひまわり」に描いたものと大人向け雑誌「それいゆ」に描いたものが混在していて、「それいゆ」に描いた女性はアダルトな感じでちょっと怖かったです・・・。夜中に見て心臓が止まりそうになりました、マジで。
それくらいならお気に入りの一枚をばーんと飾るのも部屋の印象が一気に乙女モードに高まっていいかもしれません。他にも何種類かありましたが着物好きで更には蝶々夫人好きなのでこの絵を選んでみました。しかもジグソーパズルだなんて、眠れぬ夜なんかにぽつぽつ作っている間にウンザリして眠くなるのは間違いなし。で、完成しても、ちゃんとポスターとしての用途は果たしてくれますから、一粒で二度美味しいとはこのことですね。

  • 2008.10.30 Thursday
  • 23:39

トランクを持って旅に出よう

ユーラシアトランク★CM出演モデル 縦48×横34×厚み18cm 3.4kg 豚革トランク ブラックピンク
ユーラシアトランク★CM出演モデル 縦48×横34×厚み18cm 3.4kg 豚革トランク ブラックピンク
シフレ

秋休みなんてないのに旅行に出かけたい秋ですね。
秋は美味しいものもいっぱい。ほどよく肌寒いので温泉も気持ちいいし、紅葉が素敵。
そう、秋の国内旅行は美容に効くのです。
で、旅行のお供は当然、旅行カバンですがなかなかセンスのいいものって見つからないですよね。結局、妥協して軽いしいっぱい入るからいいやってナイロンのボストンバックなんかで行ったりして。
今、映画やドラマ等で使用され巷で人気の豚革トランク「ユーラシア」。
私もすごく憧れています。クラシックな姿で高級感があるし、サイズも豊富で色んな種類が欲しくなっちゃいますよね。
でも、注意して下さい。重いです。結構小型サイズの43センチ(1〜2泊程度)でもカバン本体の重さは2キロあります。女の子に2キロは重いです。その上、中身の重さも加わりますからねー。女の子はいろんなものを持っていかなきゃいけないのですよ・・・。
私も始めはキャリー付ではなくて普通のトランクそのものが欲しかったのですが、この重さに断念しました。買ってしまって後悔しても、トランクは場所を取りますから要注意です。
しかし、キャリー付はいまいち可愛くないのです。まず、キャリーの部分がトランクの外観にマイナス。せっかく黄色とかピンクとかを買っても黒い金具がついてしまって・・・。
だからといって黒は可愛くないしな・・・って悩んでしまいます。
で、このトランクは文句なしに可愛いではないですか。
ブラック×ピンクのデザインが女の子していて、ちょっと小悪魔チックです。
しかもメインが黒なので黒の金具も外観に致命的なほどのマイナスは与えません。
43センチならば飛行機の機内にも持ち込み可ですし、なにより引っ張って持っていけるので女の子にもどうにか扱うことができます。
イヤだ、もっと小さくて可愛いのがいい!と思ったら、同じデザインで小型のもありますのでそれをセットすればいいのですよ。で、それをお財布や化粧ポーチ用にすればいいのです(海外だと怖いですけど、手許から離さなければ国内なら大丈夫だと思います)大小のお揃いってカワイイですよね☆
しかも、旅行から帰ってきてクローゼットに置いておいてもサマになります。
旅行グッズ一式を入れておけば旅行の支度にも手間取りません。
なんて素敵なんでしょうか。機能重視ばっかりじゃなくてこういうクラシカルで乙女なデザインのものがもっと増えてくれたらなーと思ってしまいます。
この子を連れていけば旅行気分が盛り上がるの必至です。
今、小旅行のトランク購入を考えている人、ぜひ。

  • 2008.10.30 Thursday
  • 21:00

キャンドルの似合う季節です

グレード センティッドオイルキャンドルデューベリードリーム本体
グレード センティッドオイルキャンドルデューベリードリーム本体
ジョンソン

秋は夜長というだけあってキャンドルの似合う季節です。
私も大好きでほのぼのーとした小さい炎を見ながら音楽を聴いたりしています。でも、キャンドルって結構困るんですよね。眠る前だったら消さずに寝ちゃうのが心配だし、大きいキャンドルだと点けて暫くの間はつけておかないと蝋が溶けずに残ってしまってもったいないことになったりして・・・。
このキャンドルは海外では既に発売されていて爆発的な売り上げだそうです。外国は日本よりもキャンドルを楽しむ生活が浸透してるもんなあ・・・。
日本で蝋燭っていったら神棚か仏壇だし・・・。
このキャンドルは火を灯すと30分くらいでオイル化します。これで蝋の溶け残りの心配はいりません。約三時間程度で消えてしまう使いきりタイプなので、起きたままのんびりキャンドルを楽しんで消える15分〜30分前におふとんの中に入り、消えたところで寝てしまうっていうのもいいですね。
ただものすごく寝つきのいい人にとっては・・・危ないかもですが・・・(汗)
香りは紹介しているものの他にも四種類あります。
このキャンドルの特徴は三時間の間にも香水のように香りが変化していくこと。最初はさわやかな柑橘系から始まり、最後はあたたかなカシスで終わりを告げます。これなら香りの変化で時間に気づけますね。
あったかいハーブティー、音楽、キャンドルの灯りで癒されてから眠ると朝の目覚めにもいいようです。お風呂場にもオススメですよ。

商品紹介している公式HPです↓
http://www.glade.jp/candles/index.html

  • 2008.10.28 Tuesday
  • 21:21

これ、すごいです

ウェーブ ピュピュッとモップ 本体
ウェーブ ピュピュッとモップ 本体
ウェーブ

これ、すごいです。
バケツに雑巾を浸して掃除をするわずらわしさからも使い捨てウェットシートが乾くたびに捨てて交換する手間ももういりません。
専用液のボトルとシートをセットしてすいすい動かす合間にハンドルを握ると商品名の通り、液が前方に向かってピュピュっと飛ぶんです。これでシートの乾燥が気にせずにすいすいと掃除ができるんです!
こんな商品があったなんて・・・私のこれまでの苦労って・・・(ほどじゃないけど)拭き掃除が面倒な人にはぜひぜひオススメです。
拭いた後もすぐに乾いて床がサラサラーになりますよ。
床掃除につきものの煩わしさやシート交換の手間を考えるとそれほどコストパフォーマンスも悪くないんじゃないかなと思います。
私はこれで床掃除にはまりました。
ぜひ、これのワックス版も使ってほしいです。

  • 2008.10.22 Wednesday
  • 20:37

おつきさまの季節です

宇宙の不思議―宇宙物理学からの発想 (PHP文庫)
宇宙の不思議―宇宙物理学からの発想 (PHP文庫)
佐治 晴夫

おつきさまの綺麗な季節、秋です。
ぼーっと綺麗な黄金の輝きを見ているとすごく平和で幻想的な気分。
不思議なことに私はこの本の作者さんと妙なシンクロシニティがあるんです。別に面識がある訳じゃありませんよー。こんな偉い先生と滅相もない。
私が大学生の頃、一般教養でとった音楽の先生が佐治先生の学説をすごく支持していたんです。音楽と科学。一見、相容れないっぽいですよね。
佐治先生がいかにすごい素敵な先生か、ってことを力説してくれたんですけど私に理解できたのはこの先生が「ファジー」というものを電化製品に活かした人ってことです。流行りましたよ、確かに「ファジー」って言葉。
で、それきり、その先生のことは忘れていたんですが、ある日、ちょっと必要に迫られて科学ネタを仕入れる必要があった私は気軽に読めそうな文庫を手にしたのです。それが、佐治先生の本との出合いです。
読んでいる間も授業のことは思い出しませんでした。ただ、感動していた。
科学をこんなにも面白く、それでいて知的に、詩的に解説することが可能とは。パイプオルガン弾いたりする先生だそうで、だから音楽の先生も佐治先生を支持していたのかも。
それにしてもこのファンタジーさ。ただ事じゃありません。
物理の数式から金子みすずへ、ゴーギャンの絵から哲学へ、星の王子さまから無へ・・・すべてを飲み込みながら淀みなくさらさら海へと流れていく川。
このうすっぺらい本の中に(失礼)すごい「知」が詰まっているんです。
当然、先生の本はできるだけ集めて読みました。夢中で。
科学の本を夢中で読んだのは初めてのことでした。
そして何年かしてから、気づいたんです。
「音楽の先生、佐治先生のこと、話してた・・・」
偶然っちゃ偶然ですが、ちょっと感動しましたね。
私はこういうシンクロニシティが妙なところでありがち人間なのですが。
でも、それって好きなことに関することが多かったのですよ。
好きなことなら自然とアンテナを飛ばして情報を集めますよね。
そのくらいの「勘」は誰にだってあるものです。
でも、私は科学苦手っ子。
(ちなみに科学好きになったのかと一時は勘違いして他の易しそうな科学本にも手を出しましたが玉砕しました)
シンクロニシティとは「日々の生活の中で起きる、私たちがそれらのつながりをよく観察することによって、自分が導かれている方向性が分かるような現象」とのこと。つまりは偶然っぽい必然。
おつきさまのきれいな秋にファンタジーな科学に思いを馳せることができるのもこの本との出会いのお陰です。
人との出会い然り、本との出会いも時にすごく大事だな〜と思います。

  • 2008.10.12 Sunday
  • 23:56

Go to top of page

カレンダー

<< October 2008 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031